MESSAGE

白猫に多いオッドアイ
その特徴とは?

sample


右目と左目の色が違う猫のことを「オッドアイ」といいます。猫がオッドアイとして生まれてくる確率は人間よりも高く、中でも白猫は約25%がオッドアイと言われています。神秘性ある外見から人気が高まり、オッドアイを選んで欲しがる人もいるほど。オッドアイの猫が生まれる原因や、その特性による健康状態への影響、短命と言われている理由などを紹介します。オッドアイの猫を飼うときに注意する点を把握しておきましょう。

Feature1

オッドアイ子猫の謎 - 瞳色の変化とその原因

オッドアイの子猫は、その神秘的な美しさで多くの人を魅了します。しかし、どうしてこの珍しい現象が起こるのでしょうか?実は、オッドアイは遺伝子の変異によって生じることが多いのです。新生の猫の目は、一般的に「キトンブルー」と呼ばれる青灰色をしています。彼らが成長するにつれて、遺伝的情報に基づいて目の色が変化します。このプロセス中に、一方の目の色素形成遺伝子に変異が起きた場合、オッドアイの子猫が誕生するのです。特に、色素細胞が少ない白猫でこの現象が見られることが多いです。また、病気や怪我によって虹彩が損傷し、オッドアイになることもあります。このケースでは視力に影響を及ぼす可能性もありますので、特に成猫が突然オッドアイになった場合は獣医師の診察が必要です。オッドアイの子猫のブリーダーは、これらの点に注意深く目を光らせています。

Feature2

オッドアイ子猫の寿命についての誤解と真実

オッドアイの子猫が短命だという話を耳にすることがありますが、これは一概に正しいわけではありません。実際に、オッドアイを持つ猫が他の猫に比べて寿命が短いという明確なデータは存在しません。しかし、オッドアイの子猫の飼い主の中には、彼らが他の猫よりも短命であると感じる方もいるようです。オッドアイ自体が視覚に大きな問題をもたらすわけではないものの、聴覚障害を持つ可能性が高いことが知られています。特に白猫でオッドアイの場合、聴覚障害の発生率は30~40%と言われ、ブルーの瞳の側の耳に異常が出ることが多いです。ただ、現代ではほとんどの猫が家庭猫として飼われているため、この聴覚障害が直接的に寿命に大きな影響を与えることは少ないでしょう。しかし、オッドアイは遺伝子の変異によって生じるため、他の健康上の問題を抱える可能性もあります。そのため、オッドアイの子猫を飼う際には、通常以上に注意深く健康状態を観察することが推奨されます。ブリーダーとしても、これらの特性を理解し、適切なケアを提供しております。

美容室26

check!

オッドアイの猫を飼う時の注意点は?

オッドアイ子猫はその独特な魅力で多くを虜にします。その美しい瞳を持つ彼らとの生活には、特別な配慮が必要です。オッドアイの子猫が健やかに成長するために、以下のポイントを心掛けてみましょう。ブリーダーが推奨するこれらのアドバイスは、彼らの快適な生活を支える鍵となります。

  • Point 01

    オッドアイ子猫の瞳を紫外線から守る

    メラニンが少ないオッドアイ子猫のブルーの瞳は、紫外線に敏感です。強い日差しは白内障や緑内障のリスクを高めるため、室内でも直射日光が当たらないよう注意が必要です。特に、猫が長時間過ごす場所は紫外線対策をし、カーテンやブラインドで日光を遮ることが大切です。

  • Point 02

    オッドアイ子猫の聴覚障害と脱走予防

    聴覚障害を持つオッドアイ子猫は、家の中で安全に暮らしているように見えますが、外界には様々な危険が潜んでいます。車の通行や他の動物など、聴覚障害があると気づきにくい外の危険は特に注意が必要です。そうした猫を飼う際、脱走防止対策は非常に重要です。

  • Point 03

    オッドアイ子猫にストレスフリーな環境を

    視覚や聴覚に障害を持つオッドアイの子猫は、不安定な環境において過度な警戒心を抱きやすくなります。騒がしい環境は彼らにとってのストレス源となり得るため、静かで落ち着いた空間の提供が不可欠です。急な動きや大きな音を避け、安心感を与えられるような環境を整えてあげましょう。

お気軽にご連絡ください

Cat Loungeでも、オッドアイの子猫が誕生した際のお問い合わせを受け付けております。

※営業電話は堅くお断りします

営業時間 11:00~20:00

運命の子猫ちゃんと出会えるお手伝いを

SNS・公式HPの情報も参考にしてください♪



スタジオ15_800px_R

Cat Lounge

Cat Loungeについて

はじめまして!

Cat Loungeは大阪、京都を中心に関西のお客様から多くのお問い合わせをいただく猫専門ブリーダーです。
SNSでのLIVE配信での猫舎の飼育環境の公開、衛生面もバッチリ。ペット保険完備、ペットローン、クレジット決済も可能です。

日本国内では、子猫購入の主流となっているペットショップ。ショーケースの中には、営利目的のブリーダーによって繁殖された子猫たちが多く並んでいるのが現状です。

私たちは、ブリーダーとして、愛猫家として、純血種のスタンダードを守るため心血を注いで繁殖を行います。親猫や兄弟猫などの血縁関係がはっきりしていますし、容姿へのこだわりだけではなく性格面も重視して子猫たちを育成していくのです。もちろん、母猫の健康管理も欠かすことはありません。

信頼できるお客さまのもとで、子猫が幸せな時間を過ごすことを願っています。

Access

大阪近隣からのお問い合わせも多数!

京都の子猫ブリーダー Cat Lounge

住所

〒612-8295

京都府京都市伏見区横大路鍬ノ本1−8

Google MAPで確認する
電話番号

090-8523-9862

090-8523-9862

※営業電話は堅くお断りします

営業時間

11:00~20:00

定休日

なし

動物取扱責任者の氏名

河井真実

第一種動物取扱業

京都市登録第 230006 号


特定商取引及び 動物愛護法に基づく表示<第一種動物取扱業登録>第220024号 販売 <動物取扱責任者の氏名>河井真実 <登録の年月日>令和4年7月8日 <有効期間の末日>令和9年7月7日 <営業者の氏名>河井真実

登録の年月日

令和4年7月8日

有効期間の末日

令和9年7月7日

ご自宅で自由に飼える猫の人気が高まっており、店舗を構える京都を中心に全国の猫好きの方たちが足を運んでくださっています。新たな出会いをサポートするため、ご不安やご相談に丁寧に耳を傾けております。安心して子猫との共同生活をスタートできるよう、飼育方法や特性まで分かりやすくお伝えしてまいります。

Contact

お問い合わせ

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

Instagram

インスタグラム